みんとの森ブログ
のんびり株主優待生活
トレンドニュース

京アニ放火事件の容疑者逮捕について語る

初めに

京都アニメーションといえば、「涼宮ハルヒの憂鬱」や「けいおん!」などアニメを知らない人でも聞いたことくらいはあるのではないだろうか?それくらい有名なアニメーション制作会社だ。

ちなみに著者が好きなのは「氷菓」や「境界の彼方」、最近だと「ヴァイオレットエヴァーガーデン」が面白かった。

今後は「ヴァイオレットエヴァーガーデン」の映画化もされるからその映像に期待が膨らむ。

画像引用:ヴァイオレットエヴァーガーデン公式HPより
http://tv.violet-evergarden.jp/

京都アニメーション放火事件

さて、そんな京アニで放火事件があったことは記憶に新しいのではないだろうか?

2019年7月18日、京都市伏見区にある京都アニメーションの第1スタジオが放火された。被害は36人もの社員が亡くなり、33人の人が重軽傷を負った。

その後、警察は青葉真司容疑者(42)を放火や殺人の罪で2020年5月27日に逮捕した。また自らも全身に大やけどしており重体の状態だった。
事件から10か月近く経過しての逮捕は容疑者の体調が回復したことや新型コロナウィルスの緊急事態宣言が関係している。

青葉容疑者は容疑を認めており、ガソリンを使用することで多くの人を殺害できると思ったとコメントとしており、事件の動機は「自分の小説を盗用されたから」と供述している。

青葉容疑者とは…

容疑者はさいたま市の生まれで、幼いころ両親が離婚。父、兄、妹の4人家族だった。定時制の高校を卒業しており、その後は埼玉県の文書課で非常勤職員として働いていた。

青葉容疑者は過去にコンビニ強盗を犯し逮捕されており、またアパートの管理人は彼の部屋はゴミの散乱や壁などがハンマーで壊されていたと話しています。また夜中に騒音やベランダに窓ガラスが散乱されていたりと苦情が原因で一度実刑判決を受けていました。

その後さいたま市にある更生保護施設に滞在しており、出所後にアパートで暮らしていました。

事件までの経緯

青葉容疑者は7月15日に埼玉から京都に入り、現場である京都アニメーション第1スタジオ周辺を下見するところを目撃されていた。

事件前日7月17日ホームセンターでガソリン用の携行缶やライター、ハンマーなど購入し台車で移動を始めた。事件当日18日にガソリンスタンドでガソリンを購入しており、その後現場を放火した。

現場で複数の包丁が見つかった理由として、病院で青葉容疑者は、犯行を邪魔するひとが出てきた場合襲うつもりがあったことも自供しており、より多くの被害者がでていた可能性もあった。

事件現場

第1スタジオの正面玄関から青葉容疑者が侵入し、ガソリンをまいて火をつけた。

この建物は三階建ての吹き抜け構造になっており、その結果巻きあがった煙が階段をつたっていき、わずかな時間で全体に広がった。

当時、現場では70人近くの社員が働いており、このうちの36人が煙にまかれるなどで死亡した。また半数ちかくの社員がベランダや窓から飛び降り避難をしたが、多くの人が重いやけどやケガをした。現在は多くの人が退院している。

事件後

冒頭でも挙げたが、京都アニメーションは昔から多くの有名作品を出しており、日本だけでなく海外でもその人気は高い。

事件後は連日、献花台に多くの人が訪れており、いかに衝撃的な事件だったかを表している。

その後行われた寄付も合計33億円もの金額があつまり、京都アニメーションがこれほど多くの人に愛されていたことを示した。この寄付金は今後、被害者や遺族の方々に届けられる予定だという。

京アニは2019年9月から業務を再開し、近日、劇場版「ヴァイオレットエヴァーガーデン」が公開されることになっている。

第1スタジオは全焼により、解体され現在はその跡地をどうするかが課題となっている。

著者の気持ち

わたしも中学~高校くらいからアニメを見始めて、シャナや涼宮ハルヒ、けいおん!など見ていた。近年の京アニは話の面白さだけでなく、絵のきれいさと京アニの技術の高さがわかる。

今や日本文化ともいえるアニメーション、海外でもその注目度は高く、サブカルチャーとして人気が高い。

容疑者について話したいこともあるが、今は京都アニメーションを今後も支え、応援していきたいと思う。

最近の投稿

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です