みんとの森ブログ
のんびり株主優待生活
”働く”ということ

夏とスーツとサラリーマン

こんにちは、みんとです。

みなさんは夏の暑い日にスーツを着て出社されていますか?

少し前からクールビズということでノーネクタイになり、多少の息苦しさから解放されましたね。

さて今回は就業ルールのひとつであるスーツ着用で出社の疑問について書いていきます。

この記事の内容

  • 夏にスーツを着ている疑問を考えてみます

夏にスーツ?

みなさんの会社は出社時にスーツと決められていますか?

最近はTPOを守ればカジュアルな服装でもOKな会社は増えているみたいですね。

わたしの職場はまだまだ考えが固いところがあり、出社時はスーツが義務付けられています。

そのため暑い夏の日に会社に出社すると、しばらくはうちわで仰いでいる人達ばかりがいます。

それだけで時間がもったいないですね。

カジュアル服装であればもう少し涼しい格好で出社可能ですが、

スーツでは限界もあります。

他社との打ち合わせなければ、わざわざスーツで出社する意味あるんですかね?

ちなみに女性は服装自由なんです…

では夏にスーツを着ることのメリット・デメリットを考えてみましょう。

スーツのメリット

スーツを着ることのメリットといえば、次が挙げられます。

毎日服を選ばなくてよい?

「スーツであれば毎朝服を選ぶ手間が減るので楽」

という声がよく聞かれます。

たしかにオシャレな人は日ごとに服を変えていますね。

でも待ってください。

みなさんはそんな毎日服を変えてますか?

いや、変えている人はいると思いますが…

別に次の日同じ服着ても良くないですか?

(そもそも他人が昨日のどんな服を着ていたかなんて覚えていないですし…)

実は、この悩みはオシャレな人が持つ悩みであって、服にこだわらない人であれば大したメリットではないのですね。

オシャレなワイシャツが増えてきた

最近はオシャレなワイシャツが増えてきました。

カラーなワイシャツや、チェック柄、ボタン部分がオシャレだったり…

昔と比べるとオシャレになりましたね。

機能面でも通気性や保温性など昔と比べて大分よくなりました。

この点ではワイシャツもいいかもしれません。

メリットとして私が思いつくのはこれくらいです。

では次にデメリットを見ていきましょう

スーツのデメリット

さて、気になるスーツのデメリットですが…

  • 暑い
  • 個性がなくなる
  • クリーニング代
  • スーツ代が高い
  • 身だしなみに気を遣う

夏にスーツは暑い理由

以前に比べスーツの機能は格段に上がっています。

通気性に優れて、風通しも良くなりました。

しかし限界があります。

カジュアル服装と比べるとまだまだ劣っています。

しかし、実は機能面以外にも理由があります。

それは着こなしです。

みなさんはスーツを着るときワイシャツをズボンの外に出していますか?

ワイシャツのボタンは第二ボタンまで留めていますか?

暑い理由はここにあります。

ワイシャツをズボンの中に入れてあれば当然風通しが悪くなります。

ボタンも同じく第二ボタンまで留めていれば首元の風通しは悪くなります。

特に首元は血管が太いこともあり、暑さを感じやすいです。

つまりスーツの機能は良くなっていてもスーツ自体の着こなし・身だしなみが暑くしている原因になっているのです。

スーツで個性がなくなる?

カジュアル服はいろんな種類が発売されていますね。

私はそこまで詳しくないですが、ズボンだけ見てもジーパンやチノパン、スラックス。

女性の方もっと種類があって、とても華やかです。

さまざまな服装にカラフルな色。

好きな服や好きな色で人の個性がみることができます。

それだけで毎日の職場が楽しくなりますね。

一方でスーツはどうでしょうか?

たしかに最近はカラフルなものも増えてきました。

しかし当然ながらカジュアル服の種類の多さには足元には及びません。

個性が大事といわれる昨今、服装の自由化でその人の個性を見てみると楽しいかもしれません。

クリーニング代

みなさんはワイシャツやスーツをクリーニングに出していますか?

ワイシャツは家でアイロンをかけてもいいですが、スーツはクリーニングに出す人が多いのではないでしょうか?

では、みなさんはスーツ上下やワイシャツのクリーニング代は知っていますか?

家計を管理している主婦や主夫の方は知っているかもしれませんね。

わたしの近所はワイシャツ1着200円、スーツ上下1300円(キャンペーンなし時)です。

月1でスーツを出した場合は

年間 1300円×12回 = 15600円

ワイシャツを一週間分を毎週クリーニングすると

年間 200円×5着×4週×12回 = 48000円

合わせると年間6~7万円かかることになります。

最近は自宅で洗えるウォッシャブルスーツもでてきたのでクリーニングに出す必要もなくなり、自宅で完結できるようになりました。

しかし別記事で詳しく書いていますが洗濯やアイロンがけなどによるあなたの時間単価が減ることになります。

そもそもスーツにはランニングコストがかかります。

カジュアル服も全くかからないわけではないですが、スーツと比べると手軽さは段違いです。

スーツ着る意味ってこのランニングコストに見合っているんですかね?

そもそもスーツ代が高い

スーツってそもそも高くないですか?

もちろん値段はピンキリですが

上下1万から~2万円弱くらいではないでしょうか?

物にもよりますが、カジュアル服であればもっと安く済みますよね。

(ユニ〇ロとか)

さらに一着というわけにもいかず2~3着くらいにもってないとだめですね。

夏用・冬用とあるので初期コストが高いです。

革靴もありました…

身だしなみがめんどくさい

「夏にスーツは暑い理由」でも少し書きましたが、スーツにはそれなりの身だしなみがあります。

シャツはズボンに入れる。

ワイシャツのボタンは上まで留める。

エリ元のボタンはしっかり留める。

…正直めんどくさいです。

まとめ:日本の夏にスーツはあっていない。

日本の夏は湿気があるため他国から見てもかなり暑いです。

さらに昨今は地球温暖化により、気温も上昇しており昔と比べると暑い日が増えてきました。

そんななかで

スーツを着用して出社する。

客先に外出するのにスーツでうかがう。

これでは熱中症になるリスクが高くなるだけです。

熱中症とまではいかない人でも汗をかくことでベタベタします。

これでは仕事に集中できません。

昔と時代は変わり、クールビズでノーネクタイOK、働き方改革という言葉ももでてきました。

現代に合わせた働き方をするためにまずは服装のカジュアル化からはじめてみませんか?

最後に一言:スーツ業界の今後

このようにスーツ否定の話をすると、よくスーツ業界が潰れるのはどうするんだということを聞きます。

しかしスーツが日本の夏にあっていないという事実はこの記事から明らかになっています。

そもそもスーツ業界がなくなることことを、どうするのかは経営者が考えることです。

現に昨今は少しづつカジュアル服賛成の動きも出てきており、今後スーツが着用の機会が減少していくことは明らかです。

大手スーツメーカーも今回のコロナ化の影響も相まってスーツ売り上げは減少しているといっています。

とある株価評論家も将来的にスーツの売り上げはさらに減少すると予想しています。

時代に合わせて会社を変化させていく。

そんな柔軟性が必要な世の中になってきたのかもしれません。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

気になる点や意見ありましたらぜひコメントください

最近ツイッター連携始めました。

プロフィール欄から移動お願いします。

ABOUT ME
みんと
みんと
株式投資をするともらえるお得な株主優待銘柄や配当についてのブログを書いています。 私自身も株式投資をやってみてお得なことがいっぱいなので、ぜひ株式興味を持ってもらえればと思います。
最近の投稿

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です